So-net無料ブログ作成
帰国後 ブログトップ

川魚グージョンの天麩羅 [帰国後]

永井荷風がリヨンに滞在していた頃から
リヨン市を流れるソーヌ川上流のリールバルブ(髭の小島)辺りでは
川魚の天麩羅が有名だったようだ。

  藤棚に蔽われたる出窓の欄干には、
  川魚天麩羅御料理の札を下げ、
  ・・・「ふらんす物語」休茶屋(新潮文庫)

  通り過ぎる居酒屋へはいって、
  土地で自慢の川魚グージョンの天麩羅で晩餐をととのえる時、
  ・・・「ふらんす物語」蛇つかい(新潮文庫)

‘グージョンの天麩羅’とは?

加太宏邦さんが書いた「荷風のリヨン」(『ふらんす物語』を歩く)に
答えが載っている。

・・・グージョンというのは川はぜのこと。
公害に弱い魚で、今はソーヌ川では捕れない。
昔はてんぷら(フリチュール)といえばグージョンだった。

今、ソーヌ河畔のレストランはどこも決まりきったように
「エペルランのてんぷら」をメニューに掲げている。
ただし、エペルランは海の魚。

荷風のリヨン―『ふらんす物語』を歩く

荷風のリヨン―『ふらんす物語』を歩く

  • 作者: 加太 宏邦
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 単行本

加太宏邦さんの「荷風のリヨン」は、
リヨンに行かれる方にぜひ読んでいただきたい本です。


永井荷風「ふらんす物語」 [帰国後]

永井荷風は、
1907年7月30日から1908年3月28日までの八か月、
リヨンに住んでいた。

永井荷風がリヨンに住んでいた理由は、
遠藤周作のような留学ではなく、
銀行勤務のためである。

 西暦千九百七年横浜正金銀行雇人になり、米国紐育を去りて
 仏蘭西里昴に赴き此処に留る事十箇月余なり。
  ・・・「ふらんす物語」序(新潮文庫)から抜粋・・・

●横浜正金銀行とは後の東京銀行(東京三菱UFJ銀行の前身行)である。
●紐育=ニューヨーク、里昴=リヨン

永井荷風は、1907年7月29日19時20分パリ・リヨン駅発の
マルセイユ行き夜行列車に乗り、
翌30日夜明け前にリヨンに着いた。

  突然、列車が一条の鉄橋を渡る響きに目を覚して見ると
 白い壁塗の人家が高い石堤の両岸に立続き、
 電燈の光か月の光か、四辺は非常に明るくなっている。
  いよりよ里昴の市街に入ったのである。自分は慌忙てて落ちている帽子を冠り、
 衣服の塵を払って汽車を下りた。停車場の時計は夜の三時半、
 夏の空は星消え月落ちて、もう白々と明けかかるのであった。
  ・・・「ふらんす物語」船と車(新潮文庫)から抜粋・・・

永井荷風が汽車を下りた駅は、
私がTGVを下りたパールデュー(Part-Dieu)駅ではなく、
ペラーシュ(Perrache)駅だった。

ふらんす物語

ふらんす物語

  • 作者: 永井 荷風
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/07
  • メディア: 文庫


リヨン市若月通り [帰国後]

フランスから帰国後、リヨンについて調べている中で、
リヨン市に日本人の名前がついた通りがあることを知りました。

リヨン市8区にある
Rue Wakatsuki(若月通り)です。

1996年6月27日~29日に
リヨンサミットが開催されましたが、
この時に日本の外務省が用意した一連の‘リヨン案内’の中に
「リヨン市若月通り」(経済局、小野正昭)という文があります。

小野さんの文を参照すると、
大正9年から昭和2年まで7年間リヨン領事代理を務めた若月馥次郎さんは、
リヨン在勤中、日本の伝説・おとぎ話の仏語訳を出すなどの業績を残し、
リヨンの住民から深く敬愛された方で、
没後、リヨン市民からの請願により、若月領事の偉業を記念して、
「Rue Wakatsuki」と命名された通りが1930年に誕生したそうです。

来年のリヨン行きでは、
若月通りを訪ねる予定です。


帰国後 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。