So-net無料ブログ作成

永井荷風「ふらんす物語」 [帰国後]

永井荷風は、
1907年7月30日から1908年3月28日までの八か月、
リヨンに住んでいた。

永井荷風がリヨンに住んでいた理由は、
遠藤周作のような留学ではなく、
銀行勤務のためである。

 西暦千九百七年横浜正金銀行雇人になり、米国紐育を去りて
 仏蘭西里昴に赴き此処に留る事十箇月余なり。
  ・・・「ふらんす物語」序(新潮文庫)から抜粋・・・

●横浜正金銀行とは後の東京銀行(東京三菱UFJ銀行の前身行)である。
●紐育=ニューヨーク、里昴=リヨン

永井荷風は、1907年7月29日19時20分パリ・リヨン駅発の
マルセイユ行き夜行列車に乗り、
翌30日夜明け前にリヨンに着いた。

  突然、列車が一条の鉄橋を渡る響きに目を覚して見ると
 白い壁塗の人家が高い石堤の両岸に立続き、
 電燈の光か月の光か、四辺は非常に明るくなっている。
  いよりよ里昴の市街に入ったのである。自分は慌忙てて落ちている帽子を冠り、
 衣服の塵を払って汽車を下りた。停車場の時計は夜の三時半、
 夏の空は星消え月落ちて、もう白々と明けかかるのであった。
  ・・・「ふらんす物語」船と車(新潮文庫)から抜粋・・・

永井荷風が汽車を下りた駅は、
私がTGVを下りたパールデュー(Part-Dieu)駅ではなく、
ペラーシュ(Perrache)駅だった。

ふらんす物語

ふらんす物語

  • 作者: 永井 荷風
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1951/07
  • メディア: 文庫


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。