So-net無料ブログ作成
リヨンにて ブログトップ

「マカロン macaron 」 [リヨンにて]

フランスの「マカロン macaron 」ブームは
今も続いています。

今年のリヨン行きで
フランスの「マカロン macaron 」ブームを
あらためて実感しました。

実感した中で、
リヨン・パーデュー Part-diue 駅前にある
複合商業施設内にあるマクドナルドで
「マカロン macaron 」が定番で売られていたのには
驚きました。

しかし、よくよく考えてみると、
日本でも「マカロン」がブームで
コンビニでも買えることを考えれば、
フランスのマクドナルドで売られていても
驚くほどのことではないかもしれません。

「クネルQuenelle」 [リヨンにて]

6月2日(月曜日)から4日(水曜日)のリヨン滞在において
一番気になった料理は「クネルQuenelle」です。

2006年7月、
そして2007年6月にリヨンへ行った時にも
「クネルQuenelle」を食べましたが、
今年ほど気にはなりませんでした。

それでは、
「クネルQuenelle」とはどんな料理なのでしょうか?

①「おいしいフランス極上の素材を訪ねる」
  (相原由美子・著、岩波アクティブ新書)の
 144ページに次のように書かれています。
・・・クネル・ド・ブロッシュQuenelle de Brochet
  (川かますのクネル。クネルとは魚のすり身に
  卵白を加えてはんぺん状にしたもの。
  クリームのソースを添える)・・・

②「地球の歩き方フランス`08~`09」(ダイアモンド社)の
 449ページに次のように書かれています。
・・・川カマスのクネルQuenelle de Brochet
  (魚のすり身をゆでてスフレ状に焼いたもの)

③「世界の100都市リヨンとディジョン」(朝日新聞社)の
 27ページに次のように書かれています。
・・・「クネル・ド・ブロシェ」という、川カマスのすり身を
  クリームなどで大きな団子にしたリヨン風ハンペン・・・

さて、「クネルQuenelle」が、
今年のリヨン行きで一番気になった料理だと書きましたが、
驚いた料理でもありました。

続きを読む


「リヨン食品市場(レ・アル・ド・リヨン)」 [リヨンにて]

リヨン2日目となる
6月3日(火曜日)の最初の目的地は、
「リヨン食品市場(レ・アル・ド・リヨン)」
Les Halles de LYON
です。

「リヨン食品市場」は、
日本の卸売市場とは異なり競り売りはなく、
卸売市場の場内・場外にある
肉屋、乾物屋などの関連食品棟といった感じです。

さて、「リヨン食品市場」では、
もちろん看板店の
シャルキュトリ「シリビア Silibia 」などを
見て回りましたが、
‘変化’に気がつきました。

続きを読む


リヨン料理 [リヨンにて]

リヨン料理の特長をあげると、
まず「家庭の味」(家庭料理)であり、
そして「量の多さ」でしょう。

日本の結婚式披露宴で供されるフランス料理が
‘フランス料理’だと思っている方がリヨン料理を食すると、
そのシンプルさ、その量の多さにきっと驚くと思います。

リヨン料理といえば、
リヨン風サラダ、グラチネリヨネーズ(オニオングラタンスープ)、
タブリエ・ド・サプール(牛の胃袋のフライ)、クネル・ド・ブロシェ(川かますのクネル=はんぺん)
セルヴェラ(ピスタチオ入りリヨン風ソーセージ)、テット・ド・ヴォー(子牛の頭と舌の煮込み)
などが有名です。

さて、今年のリヨン滞在では、
「ブラッスリー・ジョルジュ」へ3回行きました。

「ブラッスリー・ジョルジュ」は1836年創業で、
400~450人を収容できる大ホールがあるブラッスリーです。

‘ブラッスリー’とは本来、ビール醸造所という意味だそうですが、
「ブラッスリージョルジュ」は自家製ビールを醸造しており、
本当の‘ブラッスリー’といえます。

ブルゴーニュ地方の料理―おもてなしのためのフランス料理

ブルゴーニュ地方の料理―おもてなしのためのフランス料理

  • 作者: 松本 浩之
  • 出版社/メーカー: 駿河台出版社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本


リヨンのお菓子屋さん [リヨンにて]

6月5日(火曜日)から8日(金曜日)までの
リヨン滞在中に行ったお菓子屋さんは次の通りです。

 ①SEVE(セーヴ)リヨン中央食品市場店
   リヨン中央市場(Les Halles de Lyon、別称:ポールボキューズ市場)
   のラファイエット通りに面した入口から入ると、正面左にあるお店。
   2006年にデザイングランプリを受賞したそうです。
 ②VOISIN(ヴォアザン)
   リヨン銘菓「クーサン・ド・リヨン」というお菓子で有名なお店。   
 ③BERNACHON(ベルナション)
   カカオ豆の焙煎からすべてを自店で内製するチョコレート屋さん。
   「パレ・ドール」は本当に美味しい。
   チョコレートだけでなくケーキもあり、
   大統領に献上されたことから命名された「プレジダン」が有名。
 ④PIGNOL(ピニョル)
   ベルクール広場から近いエミール・ゾラ通りにあるお店へ行きました。
   ベルクール広場に面したデリカ店もあります。


リヨンの公共交通機関 [リヨンにて]

リヨンでの移動には、公共交通機関を利用しました。

今回使った交通機関は、
地下鉄、トラム(路面電車)、そしてケーブルカーです。

乗車券は、各線共通で、乗車区間に関係なく、均一料金です。
 ●一回乗車券 1.50ユーロ
 ●回数券(10枚) 12.50ユーロ
 ●2時間券 2.20ユーロ
 ●一日券  4.40ユーロ
 ※地下鉄、トラム、ケーブルカーの他、
   バス、トロリーバスにも乗車できます。

地下鉄、トラムの駅には
自動券売機が設置されていますが、
この操作方法でちょっと苦労しました。
 ●操作方法が日本的ではないこと (直ぐに馴れます)
 ●紙幣が使えないこと(コインの用意が必要)
 ●クレジットカードが使えるが、
   日本発行のカードは使えないこと

今回のリヨン行きでは3泊(4日)しましたので、
回数券(初日)と一日乗車券を利用しました。

一日乗車券は、トラムのパールデュー駅近くにある
TCL(リヨン市交通局)の乗車券売場で購入しました。

この売場で一日乗車券を購入すると、
TCLが運行する交通機関の路線図がもらえます。

この路線図はフランス語ですが、とても役立ちます。
リヨン観光局が発行する「リヨン案内」と併用すると、
さらに役に立ちます。

「リヨン案内」は、日本語版もあり、
ベルクール広場にあるリヨン観光局の案内所で
入手することができます。

「リヨン案内」、TCL路線図、そして一日乗車券があれば、
世界遺産の‘リヨン歴史地区(ヴューリヨン)、フールヴィエールの丘、
リヨン博物館、オペラ座、ベルクール広場など
行きたい場所へ、迷うことなく行けます。


TGVでリヨンへ [リヨンにて]

日本からリヨンへの直行便はないので、
パリ・シャルル・ド・ゴール空港(CDG空港)で
飛行機を乗り換えて、空路リヨンへ入るか、
CDG空港駅でTGVに乗り換えて
陸路リヨンへ入るなどの方法があります。

私は、去年も今年も、CDG空港駅でマルセイユ行きのTGVに乗車、
リヨン・パールデュー駅で下車するという方法でリヨン入りしました。

TGVは、営業運転で最高時速300kmを出す
フランス国鉄(SNCF)が世界に誇る高速鉄道で、
日本でいえば、新幹線になります。

CDG空港駅からリヨン・パールデュー駅へは、
TGV地中海線経由で約2時間の乗車です。

CDG空港からリヨンへ入る方法は
他に次のような方法があります。
 ①空路、リヨン・サンテグジュペリ空港へ
   CDG空港で飛行機を乗り換え、
   リヨン市郊外にあるリヨン・サンテグジュペリ空港へ入る。
   サンテグジュペリ空港からリヨン市内へはバス等で移動が必要。
   【利点】CDG空港からCDG空港駅まで荷物を持って移動する必要がない。
   【欠点】サンテグジュペリ空港からリヨン市内までシャトルバスで約50分かかる。
 ②パリ・リヨン駅からリヨンへ
   CDG空港からパリ市内へ移動し、
   パリ・リヨン駅からTGV地中海線に乗車し、リヨンに入る。
   【利点】CDG空港駅よりリヨンへ行くTGVの本数が多い。
   【欠点】CDG空港からパリ・リヨン駅までの移動に40~50分かかる。

●参考
  ①リヨン・サンテグジュペリ空港は、童話「星の王子さま」などを書いた
    リヨン生まれの作家サンテグジュペリの生誕100年を記念して、
    2000年に改名された(旧名・リヨン・サトラス空港)。
  ②リヨン市内には、TGV停車駅が、ペラーシュ(Perrache)と
    パールデュー(Part-Dieu)の2つある。

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版

  • 作者: サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本


リヨンにて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。