So-net無料ブログ作成

「クネルQuenelle」 [リヨンにて]

6月2日(月曜日)から4日(水曜日)のリヨン滞在において
一番気になった料理は「クネルQuenelle」です。

2006年7月、
そして2007年6月にリヨンへ行った時にも
「クネルQuenelle」を食べましたが、
今年ほど気にはなりませんでした。

それでは、
「クネルQuenelle」とはどんな料理なのでしょうか?

①「おいしいフランス極上の素材を訪ねる」
  (相原由美子・著、岩波アクティブ新書)の
 144ページに次のように書かれています。
・・・クネル・ド・ブロッシュQuenelle de Brochet
  (川かますのクネル。クネルとは魚のすり身に
  卵白を加えてはんぺん状にしたもの。
  クリームのソースを添える)・・・

②「地球の歩き方フランス`08~`09」(ダイアモンド社)の
 449ページに次のように書かれています。
・・・川カマスのクネルQuenelle de Brochet
  (魚のすり身をゆでてスフレ状に焼いたもの)

③「世界の100都市リヨンとディジョン」(朝日新聞社)の
 27ページに次のように書かれています。
・・・「クネル・ド・ブロシェ」という、川カマスのすり身を
  クリームなどで大きな団子にしたリヨン風ハンペン・・・

さて、「クネルQuenelle」が、
今年のリヨン行きで一番気になった料理だと書きましたが、
驚いた料理でもありました。

何に驚いたかというと、
「クネルQuenelle」が売られている場所です。

リヨン食品市場Les Halles de LYON内にある
クネル専門店GIRAUDETで
「クネルQuenelle」が
販売されているのはもちろんですが、
シャルキュトリと呼ばれる食肉加工品店においても
販売されていました。

川魚のすり身(魚加工品)なので、
魚屋で販売されているかと思い
リヨン食品市場内を魚屋をチェックしましたが、
私の見た限りでは、
販売されていませんでした。

「クネルQuenelle」は、
スーパーマーケットのマルシェUでも
販売されていました。

そして最も驚いたのは、
チョコレートの老舗「ベルナションBernachon」でも
売られていたことです。

「クネルQuenelle」は、
川かますBrochetで作るもののようですが、
リヨンの次に滞在したボーヌBeauneの
シャルキュトリでは、
Quenelle de Saumon(サーモンのクネル)
Quenelle de Veau(仔牛のクネル)
がありました。

今年のリヨン滞在中に
私は「クネルQunelle de Brochet」を
メルシエール通りRue Merciereにある
Le Bistro de Lyonで食べました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。