So-net無料ブログ作成

「ブラッスリー・ジョルジュ」へ行ってきました [レストラン]

6月2日(月曜日)午後9時頃に
「ブラッスリー・ジョルジュ」へ行ってきました。
Brasserie GEORGES

「ブラッスリー・ジョルジュ」は、
1836年に創業した
リヨンのペラーシュPerrache駅近くにある
巨大なブラッスリーです。

ブラッスリーとは、
もともとビール醸造所という意味だそうですから、
「ブラッスリー・ジョルジュ」は、
正真正銘のブラッスリーといえます。

さて、「ブラッスリー・ジョルジュ」での
一番の楽しみはというと、
それは、リヨン料理ではなく、
バースデー・サービスです。

まるで体育館のような
巨大なホールの照明がおとされると、
バースデー・サービスが始まります。

 ①手動オルゴールによる
  バースデーソングが始まります。
 ②しばらくすると、
  バースデーケーキを運ぶスタッフが現れます。
 ③そして、バースデーケーキが
  誕生日のお客さまに届けられるます。
 ④最後に、ホールスタッフがバースデーソングを歌います。

お決まりごとですが、
ホールの照明がおとされると、
どうしても期待してしまいます。

「ブラッスリー・ジョルジュ」で今回食事をしている時にも、
バースデーサービスが何度かありました。

しかし、残念ながら、
ホールスタッフによるバースデーソングの
合唱は省かれました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。