So-net無料ブログ作成

Bouchon(ブション) [その他]

「美食の都」と呼ばれるフランス第3の都市リヨンには、
リヨン独特のスタイルのBouchon(ブション)と呼ばれるレストランがあります。

リヨンというと、リヨン郊外にある
三ツ星レストラン「ポールボキューズ」が日本では有名ですが、
Bouchon(ブション)のことは、日本ではあまり知られていないようです。

それでは、Bouchon(ブション)とはどんなタイプのレストランなのでしょうか?
普通の旅行案内書には載っていませんが、
次の本にBouchon(ブション、ブッション)のことが書かれています。
 ●旅名人ブックス「ブルゴーニュ」
   (1999年4月1日発行第1版、日経BP社)
   >152ページの「リヨン探訪記」
   ・・・地元ではブッション(Bouchon)と呼ばれている家庭的な一膳飯屋である。
   「食の都」リヨンの本当の楽しみは、こうしたブッション巡りにある。・・・
 ●世界の100都市「リヨンとディジョン」
   (2002年4月7日発行、朝日新聞社)
   >8ページ特集・リヨンの「美食」を究める
   ・・・家庭料理の店「ブション」で土地の食材を余すところなく味わう。・・・
 ●相原由美子・著「おいしいフランス極上の素材を訪ねる」
   (2003年11月5日発行、岩波書店)
   >132ページ「独特の雰囲気を持つ居酒屋ブッション」
   ・・・リヨンにはブッションBouchonという独特の雰囲気を持つ気軽な居酒屋がある。
   昔、織物工業が盛んな時代は、過酷な労働を終えた下請けの織物工たちが憩う
   場所だった。ここでは食事もできれば、つまみとワインだけを頼むこともできる。
   冷えた軽いボージョレーが、4~5センチはあろうかという厚底の460cc入り瓶で
   運ばれてくる。この量が、ちょうど気持ちよく飲める一人分の量だという。
   瓶もリヨン独特のものでフィエット(filletteフランス語古語で小さな瓶の意)と呼ばれるが・・・

気楽にワインと家庭料理が楽しめるレストランが、
Bouchon(ブション)です。

リヨン新市街のマロニエ通り、メルシエール通り、
旧市街のサンジャン通りなどに
Bouchon(ブション)がありますが、
観光客向けのお店もあるようです。

Bouchon(ブション)のランチ定食はだいたい11~12ユーロですから、
今の為替で1800円~2000円になります。
(円が弱すぎるのを痛感します)

Bouchon(ブション)のメニューというと、
リヨン風サラダ、クネル・ド・ブロシェ(川カマスのすり身)、タブリエ・ド・サプール(牛胃のフライ)、
ピスタチオ入りセルヴェラ(リヨン風ソーセージ)など、シンプルで量が多いのが特徴です。

おいしいフランス極上の素材を訪ねる (岩波アクティブ新書 (92))

おいしいフランス極上の素材を訪ねる (岩波アクティブ新書 (92))

  • 作者: 相原 由美子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 単行本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。