So-net無料ブログ作成

リヨン料理 [リヨンにて]

リヨン料理の特長をあげると、
まず「家庭の味」(家庭料理)であり、
そして「量の多さ」でしょう。

日本の結婚式披露宴で供されるフランス料理が
‘フランス料理’だと思っている方がリヨン料理を食すると、
そのシンプルさ、その量の多さにきっと驚くと思います。

リヨン料理といえば、
リヨン風サラダ、グラチネリヨネーズ(オニオングラタンスープ)、
タブリエ・ド・サプール(牛の胃袋のフライ)、クネル・ド・ブロシェ(川かますのクネル=はんぺん)
セルヴェラ(ピスタチオ入りリヨン風ソーセージ)、テット・ド・ヴォー(子牛の頭と舌の煮込み)
などが有名です。

さて、今年のリヨン滞在では、
「ブラッスリー・ジョルジュ」へ3回行きました。

「ブラッスリー・ジョルジュ」は1836年創業で、
400~450人を収容できる大ホールがあるブラッスリーです。

‘ブラッスリー’とは本来、ビール醸造所という意味だそうですが、
「ブラッスリージョルジュ」は自家製ビールを醸造しており、
本当の‘ブラッスリー’といえます。

ブルゴーニュ地方の料理―おもてなしのためのフランス料理

ブルゴーニュ地方の料理―おもてなしのためのフランス料理

  • 作者: 松本 浩之
  • 出版社/メーカー: 駿河台出版社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。