So-net無料ブログ作成

リヨンの人口 [出発前の準備]

旅行案内書によって、
リヨンの人口が異なります。
リヨンは、フランス第2の大都市と書いている案内書があれば、
リヨンは、パリ、マルセイユに続く第3の都市と書いている案内書もあります。

●「新・個人旅行‘06フランス」(昭文社、2006年1月初版発行)
>リヨン:人口約44万5000人、面積約47.87平方キロ
  ローヌ・アルプ地方の中心都市で、パリ、マルセイユに次ぐフランス第3の都市。
>マルセイユ:人口約80万人、面積240.42平方キロ

●「旅名人ブックス13・ブルゴーニュ」(日経BP社、1999年4月1日第1版発行)
 リヨンはフランス第2の大都市。周辺も加えると人口は120万人を数える。

そこで、リヨンの正しい人口について書かれている書籍を探した結果、
「EU統合下におけるフランスの地方中心都市」
 (古今書院2003年2月10日初版発行、
  著者:高橋伸夫・手塚章・村山祐司・ジャンロベール=ビット)
という本を岐阜県図書館で見つけました。

●フランスの場合、最小の単位地域はコミューンであり、すべての空間単元はコミューンの
  集合体として表される。
●リヨン市の人口は1999年に行われた国勢調査によれば、
  445,263である。大リヨン圏の人口は、1,164,733であった。

どうやら、リヨン市と大リヨン圏の人口、
どちらを‘リヨン’の人口としてとらえるかによって、
リヨンは、フランス第2の都市になったり、第3の都市になったりするようです。

以下はご参考まで。(上掲書14ページ参照)
 ①リヨン市 (La Commune de Lyon)
 ②大リヨン圏 (Le Grand Lyon)
 ③リヨン大都市地域 (Agglomeration de Lyon)
 ④リヨン影響圏 (L`Aire Urbaine de Lyon)
 ⑤リヨン都市地域連合 (La Region Urbaine de Lyon)

EU統合下におけるフランスの地方中心都市―リヨン・リール・トゥールーズ

EU統合下におけるフランスの地方中心都市―リヨン・リール・トゥールーズ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 古今書院
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 単行本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。